LINEで送る
Pocket

midasi_qa

 みなさんからのよくある質問を掲載しています Q&A 

社会福祉協議会、「社協」って?

日本全国すべての市区町村、都道府県、指定都市及び全国において設置されています。但馬には、豊岡市、養父市、朝来市、香美町、新温泉町にあります。そうしたネットワークを活用し、各地域の共通した福祉課題について対応し、地域に還元しています。地域の皆様をはじめ、社会福祉関係者や保健・医療・教育・ボランティアなどの関連分野の方々と連携し、「だれもが安心して暮らせるまちづくり」の実現をめざして活動している公共性の強い民間の社会福祉団体、それが「社協」です。
→詳しくはこちらをご覧ください。「 社会福祉協議会って 」のページへ。

市役所と「社協」と何が違うの?

市役所の福祉サービスは原則として法律に基づいたものです。一方、「社協」の福祉サービスは地域の皆様が知恵と力を合わせて行なうサービスです。市から補助金等の支援を受けていますし、市民の皆様に支えられている組織となります。

「社協」の財源にはどんなものがありますか?

市民の皆様方から寄せられる「社協会費」、「寄付金」、朝来市からの補助金・委託金等があります。その他に共同募金会からの配分金や介護保険収入等があります。
→詳しくはこちらをご覧ください。「事業計画・報告書 」のページへ。

「社協会費」のことを教えて下さい。

社協の事業は、市民の皆様、各事業所や団体の皆様の参加を頂き運営しています。事業運営に大切な財源となる会費にご賛同お願いいたします。
(1)一般会員:1世帯 1,200円 (市内の各世帯)
(2)賛助会員:1口 3,000円 (法人の目的に賛同いただける個人)
(3)特別会員:1口 5,000円 (法人の目的に賛同いただける法人及び事業所、団体)
→詳しくはこちらをご覧ください。「社会福祉協議会って(社協会費について)」のページへ。

「善意銀行」って何ですか?

広く人々の善意(金銭・物品)の預託を受け、様々な地域の福祉に役立てています。お預かりした善意は、ボランティアの支援や、市内の福祉施設、援助を必要とする生活困窮の方に物品などを提供しています。
→詳しくはこちらをご覧ください。「寄付や募金について知りたい(善意銀行・共同募金について) 」のページへ。

「赤い羽根共同募金」の仕組みや使い道を教えて下さい。

市内のボランティア団体や地域団体が実施する福祉的な事業や整備に助成させて頂く『地域をつくる市民応援助成事業』や75歳以上の独居高齢者の誕生月にお祝いのお花をお届けする『ほっとコミュニケーション事業』等に使わせて頂いております。
→詳しくはこちらをご覧ください。「寄付や募金について知りたい(善意銀行・共同募金について) 」のページへ。

ボランティア活動を始めたい。

ボランティアは誰でもできる活動です。始めてみたいと思われる方はお気軽にお問合せ下さい。ホームページの『あなたはどのタイプ?あなたにピッタリなボランティア活動を見つけよう!』のフローチャートもお試し下さい。
→詳しくはこちらをご覧ください。「ボランティア活動をやってみたい・知りたい(ボランティア活動)」のページへ。

ボランティア災害共済のことを教えて下さい。

ボランティア災害共済は、個人でもグループでも加入できます。掛け金は一人年間500円で、社協のボランティアセンターに登録して頂くと本会より200円負担します。
→詳しくはこちらをご覧ください。「ボランティア活動をやってみたい・知りたい(ボランティア活動)」のページへ。

介護保険サービスを利用したいです。

ケアマネジャー、ヘルパー事業、デイサービス事業などの介護保険事業を行っていますので、お気軽にご連絡下さい。
→詳しくはこちらをご覧ください。「福祉サービスや施設を利用したい(介護保険事業)」のページへ。

障がい福祉サービスを利用したいです。

障がい者(児)の日常生活に係る各種相談業務を行い、地域生活を支援します。
→詳しくはこちらをご覧ください。「福祉サービスや施設を利用したい(障がい福祉サービス)」のページへ。

地域ミニデイを始めたいけどどうしたらいいですか?

社会福祉協議会がお手伝いさせていただきます。お近くの各地域センターにご連絡ください。
→詳しくはこちらをご覧ください。「地域の活動を知りたい・関わりたい(地域福祉活動)」のページへ。

地域ミニデイを盛り上げたいのですがどうしたらいいですか?

朝来市内には、お手玉や手品など様々な特技を持つ隠れた名人が多くいらっしゃいます。社会福祉協議会では事前に登録された方々を「ふれあい講師」として、地域ミニデイや敬老会などの「地域の集いの場」へ派遣する事業を行い、好評を得ております。(謝金等、本会で負担します)
→詳しくはこちらをご覧ください。「地域の活動を知りたい・関わりたい(地域福祉活動)」のページへ。

地域のイベントで借用できる器材などありますか?

レクリエーション用具やイベント用具の貸し出しを行っています。
→詳しくはこちらをご覧ください。「地域の活動を知りたい・関わりたい(地域福祉活動)」のページへ。

「地域支援員」って何ですか?

自治協議会域に2名の地域支援員を配置しています。地域での生活課題や問題解決に向け、市民の皆様と一緒に解決に向けて考えて行動しています。
→詳しくはこちらをご覧ください。「地域の活動を知りたい・関わりたい(地域福祉活動)」のページへ。

福祉機器の貸し出しはありますか?

車いす、松葉杖の貸し出しは短期利用であれば各地域センターで貸し出しを行っています。

心配ごと、困りごとの相談にお金は必要ですか?

相談は無料です。電話での相談も受け付けております。心配ごと相談事業として各地域センターで開設しており、予定日はホームページのカレンダーにありますのでご覧ください。
→詳しくはこちらをご覧ください。「福祉サービスや施設を利用したい(総合相談事業)」のページへ。

日常のお金の管理ができなくて心配です。

一人ぐらしの高齢者や障がい者の方などで、お金の支払等の判断能力に少し不安があるため、通帳や印鑑をお預かりし日常的金銭管理の支援をさせて頂く「福祉サービス利用援助事業」を行っています。
→詳しくはこちらをご覧ください。「福祉サービスや施設を利用したい(総合相談事業)」のページへ。

お金を借りること(生活福祉資金貸付)ができると聞いたのですが?

生活福祉資金貸付制度による貸し付けは、条件があります。
→詳しくはこちらをご覧ください。「福祉サービスや施設を利用したい(総合相談事業)」のページへ。

福祉バザーについて教えて下さい。

ご家庭にある日用品・雑貨・野菜等を持ち寄り、各地区で即売したり、イベントでバザーを行いその売上を地域福祉事業に活用します。
→詳しくはこちらをご覧ください。「地域の活動を知りたい・関わりたい(地域福祉動) 」のページへ。