朝来市社協からのお知らせ


嘔吐物処理方法研修会開催!!

LINEで送る
Pocket

感染予防セットの整備と合わせて、山東と朝来の2会場でヘルパー、ケアマネジャーなど
訪問業務を中心に行っている職員を対象に嘔吐物処理方法の研修会を開催しました。

はじめに「ノロウイルス」について看護師より説明がありました。

dscn1859dscn1861dscn1863dscf1811

いよいよ研修開始!!マニュアルに沿って順番にゆっくりと実施!
まずは身支度を整えます。マスクの付け方上下、表裏間違えないように・・・・

dscn1870

       回収した嘔吐物を入れるゴミ袋の準備を

dscn1886

        嘔吐物を固めます。

dscn1873
         どんな感じで固まっているのか、触ってみました。
         『うまくへらですくえるかな ~』

          dscf1815dscf1816

     ノロ感染時嘔吐は噴水のように2mほど飛び散ると言われてい
     ます。広範囲にしっかり消毒しましょう!!

dscn1880dscn1883dscn1885dscn1894

無事、嘔吐物の回収と消毒が完了。後は不潔になったシューズカバー・手袋・ガウン・マスクを外していきます。

dscn1896

  最後にグループ毎で意見交換を行いました。

 今回は、基本を学びました。実際には訪問先でこのような場面に出会うことは、あまりありませんが、もし自分がその場に居合わせたら、どんな行動をとればいいのか、現場で働く職員の皆様の少しでも参考になったでしょうか。

今後はさらに応用編の研修を考えていきたいと思います。