朝来市社協からのお知らせ


一服の清涼剤「にやり」とした出来事や「ほっと」心が温まった瞬間のいいお話 「にやり・ほっと」

LINEで送る
Pocket

先週に引き続き大雪となりました雪道
心身共にお疲れを取るような一服の清涼剤「にやり・ほっと」

介護業務などで思わず笑ってしまう、心がなごむ・温まった瞬間。そんな高齢者の言葉や振る舞い、「にやり」とした出来事や「ほっと」心が温まった瞬間のいいお話をご紹介しています。
広報72号でも、心温まる「にやり・ほっと」を掲載しご紹介させて頂きたいと思いますのでお楽しみに(^^♪

「言葉遊び!?」
  午後のレクリェーションの言葉遊びでは「だれが」「いつ」「どうした」の言葉をつなぐこ
 とで面白い文章が出来上がっていました。
 「〇〇さんが寿司屋で居眠りしたyjimage」(笑)  皆さん大笑い!

◆この施設ではいつもの様に緩やかな時間が流れています…
 雪降りとなった。お迎え時はどんどん降り続いていたが皆さんが集まる頃には止んでいき、止むと溶けるのも早かった。帰る頃には屋根や道の端に少し残る程度になっている。
(昨年末のこと)暮れになり世間は慌ただしいが、この施設はいつもの様に緩やかな時間が流れている。「若い頃は・・・、子供の頃、そんなんしたな…なつかしいで・・・」いつもながらの会話だ。

 いつもと同じ、いつもと変わらない事が良い。変わらない時間を大切に積み重ねてい
 きたいと思う…敬老の日ゆったりと落ち着いた場所で過ごしていただきたいですね