朝来市社協からのお知らせ


寒さの中に少し暖かいい話「にやり・ほっと!」

LINEで送る
Pocket

毎日寒い日が続いていますね。この寒さを少し和らげるようなホットなお話!

介護業務などで思わず笑ってしまう、心がなごむ・温まった瞬間。そんな高齢者の言葉や振る舞い、「にやり」とした出来事や「ほっと」心が温まった瞬間のいいお話をご紹介しています。

◆エピソード➀「私の自慢!」
 施設のレクリエーションのサイコロゲームでAさんの番!

 サイコロを振られると
「自慢できる話」が当たり、
「私の自慢は…小さな椅子の上にのって冷蔵庫の上の棚の物を取って食べれる!!」と…
 

皆さんから「スゴぃぃ~!」の歓声が

「でも…落ちて怖かった~!!」  
と“オチ”を続けられ、ご利用者全員大爆笑でした(^^)/

◆エピソード②「ステキな座布団」

 Bさん宅を訪れると「朝、台所の椅子に座っとったら、こいつ(座布団)がおしっこしとって私のパンツも濡れて、酷い目に合ったわ~!こいつ(座布団)をひどう怒ったんや!」とBさんが仰る。
 (Bさんの)ご主人に伺うと夜中に台所の椅子に腰かけておられたとのこと…
 “座布団さん、Bさんのクッション役になってくれてありがとう”