朝来市社協からのお知らせ


災害ボランティアセンター備品を整備

LINEで送る
Pocket

1995年(平成7年)1月17日に発生した兵庫県南部地震による大規模地震災害、『阪神・淡路大震災』。世界中に大きな被害をもたらしたこの震災の被災者の苦悩は、時間の経過と共に、ますます個別化、深刻化しています。この震災に対し誰もができることは、「決して風化させてはいけない、まだ戦い続けている人がいる」ことを忘れないこと。

あの時から23年。そこから学ぶべき教訓はたくさんあります。いざという時の為に、どのような行動や備えをしておいた方がよいか…。

 

朝来市災害ボランティアセンターでは、災害時での被災者支援を想定し、炊き出し用の大鍋等を整備しました。

とても大きいです。1回で何人分作れるか今はまだわかりませんが、これだけ大きければ頼もしいです!

『備えておきたい』を少しカタチにしました。

災害がありませんように・・・

この大鍋は、災害時以外にも社協助成事業の地域応援助成わがまち食堂でも貸し出しを予定しております!

貸し出しの場合、燃料のプロパンガスはご用意いただくことになります。

使用したいと思われる地区は、お気軽にお問合せください。