朝来市社協からのお知らせ

2009/10/09  

独自システムを開発  福祉用具貸与事業所

LINEで送る
Pocket

常々お客様を中心に、事業所としてどのようにかかわれるか
 この課題を追求してきて5年を迎えた

  【福祉用具貸与事業所】

 その取組の結果が、事業所としてベッド等の福祉用具が
 ?お客様にとってどの程度利便性を高めたのか。(満足いただけたのか)
?定期的な評価によって、お客様のADLが向上したのか、否かをスケールで
   表す。 
 ?介護者にとってのご利用の福祉用具の満足度

 をグラフ化数値化するシステム開発に至りました。
この間、改善の連続で、多く関係者にご指導を頂き運用の運びとなりました。