朝来市社協からのお知らせ

2009/11/19  

ご利用者Kさんの朗読から


宅老所「ふらっと」では、認知症のご利用者への対応として、
 様々な取組や試行を試みています。

 本が大好きなKさん
  Kさんには絵本を読んでいただく試みを

 Kさん何度も!何度も!練習して
  ご利用者の前で臆することなく、感情と心のこもった声で
   今日は、葉祥明氏著 「心に響く祈り」を朗読。

  こんな内容の本を
    本当に感動する話し方で話されるのです。

  朗読が終わった瞬間
    皆さんの顔は何かスガスガシイ顔! 顔!

  しばらくして、ご利用者Iさんが 文の中にあった「幸せ」について
   一言  「しあわせってなんや?」

  するとご利用者Aさん
    「「ふらっと」に来られるというのが一番の幸せやがな」と一言。

  こんなやり取りを見ていて、心が和むものでした。

   そして、こんな場面に出くわす事が出来た自分の幸せを思い

   密かに仕事の冥利を感じた出来事でした。