朝来市社協からのお知らせ

2009/12/03  

おくらべ「介護講演会」開催!


 11月28日(土)大蔵地区市民会館2階において、おくらべ介護講演会〜「認知症ってなに?どうしてなるの?」〜を開催しました。

 この講演会は、地域の皆さまとともに認知症の理解とその接し方など、地域の中で支え合う温かい地域作りを目的におくらべの地元である大蔵地区の皆さまに全戸配布させていただき開催いたしました。
 おくらべ主催の介護講演会は今回が初めてのことでもあり、地域の方がどれだけ参加していただけるのか・・・と不安でしたが、当日は約60名の方々に集まっていただき準備していた席も満席状態でした。
 講師は医療法人 俊仁会 大植病院 臨床心理士 中山隆人氏をお招きし、『?認知症の方の気持ちを理解してください ?「んー、ちょっとおかしいな?」と感じたら家族や病院、専門機関に相談し抱え込まない(早期受診、早期診断が大事!) ?認知症の方をやさしく受け入れ、住み慣れた地域でいつまでも暮らすことが出来る地域を目指して』など、大変わかりやすい内容で講演していただきました。
 講演の後の質疑応答では、「私、最近よー忘れるんやけどこれって認知症でしょうか?」「お酒がすごく好きなんやけど認知症になりやすいんでしょうか?」などたくさんの質問がありましたが、中山先生は一つ一つ丁寧にわかりやすく答えてくださいました。

 今後もおくらべでは地域の方々と一緒に学べる機会を作っていきたいと考えています。