朝来市社協からのお知らせ


2010/02/22  

「癒し」のひと時を過ごしました

LINEで送る
Pocket

 小規模多機能施設おくらべにセラピー犬の「サスケ君」が遊びに来てくれました

  

 サスケ君は12歳のラブラドールで、人間年齢では70歳を超えるおじいちゃん犬です

この日は、少し晴れ間は見えるものの外に出るにはまだまだ肌寒い陽気のため、残念ながらおくらべの玄関先でサスケ君の愛らしくも華麗な芸を披露してもらいました。
 まず、ご利用者がボールを持ち、「サスケ〜行くよ〜」と声をかけボールを投げます。するとサスケ君は飛び上がりながらそのボールをお口でパクッ!と見事にキャッチ!
その他にも、この日初披露となる「シャボン玉遊び」は、ご利用者が飛ばしたシャボン玉をサスケ君が「かぷっ!」と上手に口の中へ・・・サスケ君の可愛いしぐさにご利用者も職員も「わぁ〜」と拍手の嵐!また嵐でした!!

  

また一つレパートリーが増え、手応えを感じたサスケ君はしっぽを大きく振りながら何回もぐるぐる回って全身で喜びを表現してくれました

  

ご利用者はサスケ君の愛らしい動きに終始目尻が下がりっぱなし。そして、とても大きな声で力一杯の声援を送っておられました。また、サスケ君が近くに来ると頭を撫でながら「サスケ〜よ〜来てくれたなぁ〜」とまるで孫に話しかけるような優しい表情でした。

 動物は私たちには計り知れない無限の力を持っています。中でも、昔から人とともに生活してきた犬には人の心を「癒す力」があります。そして、心の壁を取り払いそこに笑顔を作り出す力があります。
 サスケ君、楽しい時間をありがとう!あなたに心から癒されたおくらべのご利用者と職員です!
また、遊びに来てね