朝来市社協からのお知らせ

2010/03/03  

エコで救おう子どもの命


朝来市立中川小学校6年生の皆さんが、卒業するに当たり、何か人に役立つ活動をしようと、エコキャップ回収運動に取り組まれました。
 
このエコキャップ回収運動は、ゴミとなっていたペットボトルのキャップを回収し、NPO法人などの回収運動団体に届けるとリサイクルメーカーに売却され、その収益金をワクチン寄贈団体に寄付されます。そして、世界の発展途上国の子ども達にワクチンが届けられます。400個(約1kg)で10円、ポリオワクチン1人分は20円かかります。また、回収リサイクルすることで、焼却によるCO2の発生を防ぎ、地球温暖化防止にもつながります。
この日は、6年生代表2名が朝来支所に19,114個のキャップを届けていただきました。さっそく、養父市にあります(NPO法人)エコキャップ推進ネットワーク西日本兵庫さんに連絡して、回収していただく予定です。
この運動は、今や全国あちこちで取り組まれており、各スーパーや店舗に回収ボックスを設置されているのを見かけます。捨てればゴミ、分別したら資源。
「あなたの行動が、世界の子どもと地球の未来を作ります」