朝来市社協からのお知らせ

2010/03/11  

 地域マップの上にシールや線が 宮内区地域マップづくり


 一緒にご近所マップ(福祉マップ)を作りませんか?
  和田山支所からの呼びかけに応えて頂いた宮内区(43戸)

3月10日(19:00〜)早速公民館にお邪魔しました。
 法人からは支所職員と「いきいき介護センター」ケアマネーの総勢5名の職員
 宮内区で待っていただいていたのは、区長・民生委員・民生協力員の4名

 自己紹介の後、早速スタート!
  当初いったい何が始まるのか怪訝そうな区のみなさん。

 自分たちのお住まいの地図に、
 地域のことで気になる場所や「人」のことをお伺いしながら
  ○シールを貼っていく
     ↓
  ○お友達など交流者を線で結ぶ
     ↓
  ○散歩など外出のコースも線で
   そして、地域の公民館やお地蔵さん・広場・停留所も落とし込み

 そうこうする内に地図の上に、なにやら人間関係図が 
  これが又見れば見るほど不思議な地図になるんです。!

 最初は何事が?の状態の区の皆さんも、いつしか身をのりだされ話題の中心に
  そして、皆さんから出てきた言葉が
  ・宮内に住んでよかったと思える地区にせなあかん
  ・気軽に寄れる場所を村の真ん中につくらなあかんな
  ・子供達も財産やし元気な声が響くそんな地域に!
  ・今日して気づいたことを基にして取り組まなあかんな  
 極めつけは
  「社協のみなさん一緒にやって下さいよ」
 嬉しい言葉でした。 元気を頂きました。
 地域の方々とマップ作りなどを通して、社協との関係性が又深まった気がした
  2時間でした。   区の皆さんありがとうございました。