朝来市社協からのお知らせ

2010/03/16  

自分の体力はどれくらい?


朝来市老人クラブ連合会和田山支部では、昨年度より「高齢者向け体力測定」を実施しています。これは「無理せず、競わず、安全に」をモットーに、老人クラブ会員が「自分の体力を知る」ために6つの種目を測定し、総合評価するものです。定期的に実施することで自分の体力を知り、運動の習慣を身に付け、いつまでもいきいきとした暮らしを目指しています。

今年度は支部内の5つの地区で実施し、会員ができるだけ参加しやすいようにしました。
まずはみんなで準備運動!体を慣らしていきましょう。

6つの種目は
?握力
?上体起こし
?長座体前屈
?開眼片足立ち
?10m障害物歩行
?6分間歩行  です。

これは10m障害歩行です。定間隔に置かれた障害物を越えて出来るだけ早く歩く種目です。主に「調整力」を測定するものです。

これは開眼片足立ちです。目を開けたまま片足で立ち、その時間を計測します。
主に「バランス能力」を測定するものです。

最後は6分間歩行です。6分間にどれくらいの距離を歩いたかを計測します。
主に「足腰の強さと全身持久力」を測定するものです。

今回の体力測定では自分の体力を客観的に把握することができ、「全然あかんようになったなー」「年老いてたけどまだまだ若いわ」など反応は様々!どうやら普段から運動を行なっているかどうかが結果に結びついているようです。
このような体力測定を通し、継続的に自分の体力を把握することが、健康づくりへの第一歩ではないでしょうか!