朝来市社協からのお知らせ

2010/03/26  

『おはぎ』づくりに見る 人の「生きる力」     かしのき園発


 デイサービスセンター「かしのき園」の浴槽等大改修工事が
完了してから、早くも2カ月が経とうとしています。

 今回の改修工事に合わせ、利用者の視点「もし私が利用者だったら」との
コンセプトで様々な新たな取組にチャレンジしています。

 日頃は【事故の無いよう】に気配りの日々の中
  今回チャレンジしてみました。
 
  お彼岸の『おはぎ』
   のどに詰まったら〜  刻まないと食べられないのでは〜
   意見が噴出の中

  ■ご利用者に丸めて頂き  ■あんこをまぶし
  ■好きな方法で、好きなだけ 食べて頂く事に

 介護が必要になっても、すべてのことができなくなるわけではない 充分認識している
 職員たち。

 ついつい手を出し・口を出しそうな自分を抑え見ていると

 こんな笑顔が見られたんです。
  そして、生き生きとした姿と

  生きる力(人としての誇りや意欲) まざまざと見せつけられました。

 私たちは、今後も模索し続けていきたいと思いました。
  ご本人の願いや希望を受け止め、それを一つでもかなえる方法を!
  単なるサービスの提供から、柔軟なサービスの形も!

  案外ビヤガーデンなんていう記事をブログに掲載する日が来るのかも?