朝来市社協からのお知らせ

2010/06/24  

「頑張ってね」の声に励まされ!     作業所バザー

LINEで送る
Pocket

6月20日、朝来市和田山ジュピターホールにおいて、兵庫県民生委員児童委員連合会主催の地域児童育成環境フォーラムにおいて、朝来市社会福祉協議会の5作業所が授産製品の販売をさせていただきました。

今回のフォーラムには、県内の民生委員児童委員さんや子育ての関係者など約800名が参加されると聞き、各作業所とも授産製品の販売とPRに絶好のチャンスと力が入りました。特に今回は、道の駅等で大人気のやまびこ共同作業所のクッキーを重点製品として、各作業所の応援をいただきながら400袋を製造。うち200袋は通常販売しているミックスクッキーで、残り200袋は単品の「ごま・紅茶・ピーナッツ・ココア・きな粉」の5種類を40袋づつです。このバザーを通じて、お買い上げの方の嗜好データを取り、今後のクッキー戦略に役立てようと試みました。結果は、健康志向の方が多いのか、ゴマが断トツで早い完売でした。

また、今回の単品クッキーのラベルには、作業所のご利用者が書かれた絵をラベルに採用し、お買い上げの方にはご利用者が書かれたメッセージカードと5作業所の紹介パンフレットを配布し、作業所の啓発活動も併せて行いました。

当日は、職員だけでなく実際に製造にかかわっているご利用者の方も接客を行い、商品の袋入れやお金の受け渡しを行ってもらいました。なかには「これからも頑張って作ってね」とやさしい言葉と握手を求めて来られる方もおられ、ご利用者も励みになったのではと思います。もちろん、製品はほぼ完売となり、みんな笑顔で終えることができました。

これからも、色々な機会を利用して作業所の製品販売と啓発活動を行い、ご利用者の工賃アップや勤労意欲を高めてもらうよう活動していきたいと思う一日でした。