朝来市社協からのお知らせ

2011/02/16  

心のバロメーター 敬服99歳の詩人 『柴田トヨ』さん

LINEで送る
Pocket

 過日(2月10日)、報道ステーションの番組で古舘伊知郎氏と時の人

  柴田トヨさんのインタビューが紹介されていました。

番組中 柴田さんが感情をこめて自身の詩を朗読されている、その声・その容姿流れる詩のテロップに感動し 調べてみました。

  柴田さん現在99歳。90歳代にはいり一人息子・健一さん(65歳)の勧めで

  詩を作られるようになり、現在宇都宮で一人暮らしの生活。

  2003年から月1回のペースで産経新聞一面の投稿欄『朝の詩』 に掲載

  これら投稿をいくつか追加し、自費出版『くじけないで』が全国で話題となり

  ベストセラーに。 わずか10カ月で100万部を突破。

  とにかくすごいんです。 

くじけないで PV

  番組中、柴田さんが古舘氏に「こんな先生にお越しいただいて」云々といわれると

 隣の息子さんが、「おかっかさん「先生」なんて言う言葉は相手に失礼だよ!云々

 という親子の丁々発止がたまらなく魅力的で印象的でした。

   【貯金】

    私ね 人から

     やさしさ貰ったら

       心に貯金しておくの

    さびしくなった時は

         それを引き出して

             元気になる

    あんたも 今から

      積んでおきなさい

         年金より

           いいわよ

 

  古舘氏が番組中 この作品をして「心のコンディションが素直に……」

     素直に心に響くときは心が穏やかで

      心のバロメーターであると

  素直な気持ちで受け入れられる

       心の余裕があるか否かで  人生が変わる

   参考までに!     気持ちを込めて読んで聞かせてあげては