朝来市社協からのお知らせ

2011/03/10  

「こんにちは〜、仲よくしてね!」


 社協だより等でお知らせの通り、朝来市社協が運営する5作業所は、障害者自立支援法に基づいた再編により、新事業所「あさご ふれあいの郷」に生まれ変わります。そして、「あさひ」「あおぞら」「かがやき」という3つの施設と短期入所訓練施設「のぞみ」を運営いたします。

 4月の開所に先立ち、3月10日あさご・ささゆりホールで、3施設をご利用予定の方にお集まりいただき、交流会を行いました。

 まずは、3施設ごとに輪になり、一人ずつ自己紹介。名前、住んでいる所、好きなもの、嫌いなもの等順番にお話しをいただきました。今まで、運動会やイベントで顔見知りの方も多いのですが、最初は少し緊張されて小声になってしまったり、お話していただけない方もありました。しかしながら、時間が経つにつれ、職員がうまくリードして緊張もほぐれ、少しずつ普段通りに色々お話されるようになりました。

 後半になると、他の作業所の方に色々質問されたり、自分の得意なお話をされたり、顔にも笑顔が見られるようになってきました。次回は、18日に同じ場所に集まり、2回目の交流会を行う予定です。次は、もっともっとたくさんのお話をしていただき、4月1日から仲よく作業や施設での生活ができることを願っています。