朝来市社協からのお知らせ

2011/03/14  

大震災に対し私たちに出来る事


 地震と津波に襲われ一瞬にがれきの山と化とた 「東北関東大震災」

 被災された皆様に心からお見舞い申し上げますと共に、この震災で

 亡くなられた方々ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

気象庁は13日、今回の大震災のマグニチュードが世界観測史上最大級の9.0

と発表。被害は阪神・淡路大震災をはるかに上回ると言われています。そのような

中、画面に映し出されるあの惨劇を見て何か役に立てることはと思われるのは

誰しも同じ思いだと思います。

 食糧・水・毛布・医薬品・義援金・物資等々を送り届ける等考えられますが、被害の全体

把握が困難を極め、情報も錯綜している現状から今私たちに出来る事を考えてみました。

  1.義援金への協力

     義援金も様々な団体が協力を呼び掛けられています。市の窓口・日赤義援金

     そのほかでは、社会福祉協議会では本日より中央共同募金会の募集に呼応し

    、市社会福祉協議会(本所・各支所)で受付を開始しました。

           

               生野福祉バザー会場にて

    

    2.デマ情報とチェーンメールの撃退

       総務省は、チェーンメールへの注意喚起を行っています。被災された方々を

       思う時、是非私たちのの手で削除や転送を止め撃退したいものです。

 

  今後、逐次情報発信に努めていきますので

                     よろしくお願いします。