朝来市社協からのお知らせ

2011/03/29  

被災地でのボランティア活動関連支援として職員を派遣


災害救援活動として、全国の社会福祉協議会はブロック単位で支援活動を行っています。

近畿ブロック府県・指定都市社協が担当するのは宮城県社会福祉協議会(社協)で

第1クール 平成23年3月18日〜平成23年3月24日

第2クール 平成23年3月22日〜平成23年3月28日

第3クール 平成23年3月26日〜平成23年4月 1日

第4クール 平成23年3月30日〜平成23年4月 5日

  このように基本6泊7日の行程で、以降も継続的な支援が行われる予定です。

朝来市社協では、第4クールで1名の派遣を行い、以降継続して支援活動を行って行く

予定です。

  前クール現地レポートでは、電気・水道・ガスなどのライフラインめどは立っていない

地域が多く、特に県北部の様相と県南部では明らかな違いが見えるようです。現在は

全国の社会福祉協議会やNPOそして地元社会福祉協議会が主体となり災害Vセンター

の立ち上げに奔走されている状況です。

 

  宮城県での活動状況は

   宮城県災害ボランティアセンター   下記のホームページでご確認ください。

    http://msv3151.c-bosai.jp/