朝来市社協からのお知らせ


2011/12/06  

地域をつくる市民応援助成事業 助成経過報告?

LINEで送る
Pocket

今年度、赤い羽根共同募金の配分金を財源とした「地域をつくる市民応援助成事業」の助成団体13団体のうち、「秋葉台3区里山の会」さんが助成を受けて活動をされています。

「秋葉台3区里山の会」さんは区民住民による有志の会として平成22年に結成。区内の里山が枯れ木、動物の食害等が目立ち、一部で山崩れが発生しているなどの里山の衰退が目についていることから、本助成金を活用し、里山の元気回復と区民の親睦を図る意味合いで9月より整備活動を開始されています。

場所は和田山町の秋葉台。その中央公園近くの北側に網で囲まれた斜面を発見その中で作業をされている方がたくさんおられました。動物が入ってこれないよう事前に草刈り、網を張り、この日は植樹をされるとのこと。

植樹の苗の種類は、ヤマザクラ・カシワ・コマユミ・ナツツバキ・ヤマボウシ・ミツバツツジ・ヤマツツジ・ミツバツツジ・ヤマツツジ・ハナズオウ・コデマリ・ドウダンツツジの10品種・73本を植えるとのことでした

苗を入れる穴をほり、等間隔で予め植樹位置が予定された苗を入れていきます。さすが皆さん、ナイスなコンビプレー!見事な手つきでどんどん苗が植えられていきました。

     

 

苗には品種名と日付、「里山の会」と書いています

その後、元気な成長を願いながら添え木をして植樹が完了しました

里山の会さんの里山を想う愛情は、苗の成長を助け、きっと立派な木となって住民の方に安心や癒し、いこいの場を提供してくれることでしょう。里山の会さんの継続的な活動を期待しております!