朝来市社協からのお知らせ


2011/12/19  

心の声で伝えます〜生野高校「朗読ボランティア」の取組み〜

LINEで送る
Pocket

既に市の広報11月号でも取り上げられました生野高校の「朗読ボランティア」について

朝来市社協のブログにおいても紹介させていただきます。

生野公民館の協力を得る中、インスパイア・ハイスクール※という取組みの一環として昨年12月より

同校の生徒会と有志がボランティア活動として市内の目の不自由な方(現在、生野の方5名、山東の方1名)

へ市の広報紙の朗読を行われるようになりました。

 ※インスパイア ハイスクール」とは...昨年からスタートした地域や中学校と連携し、高校が一層

活性化するための取り組みであり、この朗読ボランティア活動の他にも、地域との交流事業やボランティア

活動などが行われています。

 

  

ボイスレコーダーに広報の記事を吹き込まれている様子(吹き込まれた後、カセットに録音されます)

利用されている方等からは「ゆっくりと、大きな声で、読まれるのでとても分かりやすい」

「若い方の声を聞くことがないので、とてもうれしい」などと大変、好評なようです。

今後、朝来市のいろいろな情報を伝えていただきたいものですね。

今後の活躍を期待します!ぜひ、がんばってください!