朝来市社協からのお知らせ


2012/01/11  

100歳まで生きて来るで頼んますわ! 施設でのホットな会話より

LINEで送る
Pocket

  

  年の瀬も迫った小規模多機能施設ひばり でのホットな会話

 御利用者Aさん、介助員の介助を受けながら入浴中。

 首まで湯船につかり、ふっと口から出た言葉。

 「あんたあ〜〜 私なあ100歳まで生きてひばりに来るでなあ

 よろしゅう頼みますわ!」 と   とっさに職員

 「それまで元気でおらんなあ いけませんねェ……」と笑いながら答えた後

 「それでも、考えてみたら私が˝ひばり˝を利用しているかもしれませんよ」

 ワハハァー  ワハハァー  部屋中二人の笑い声が響き合うそんな風呂場

 の光景…  目に浮かびますか。

  今度は、別の職員が小規模施設のサービスのメニューである【訪問】で

 再びAさん(男性)を訪問すると、今度は自分で煮物を作っておられ

 職員が味見をして 一言 「おいしいなあ!」と言うと、

 ハハハハハ…… と照れながら満面の笑み しかも顔からこぼれ落ちるくらいの!

 「誰でも人に褒めてもらうってうれしいもんだなあと思った。 最後の訪問でしたが

疲れも吹っ飛んだ」 と業務報告書に  それとはなく隅っこに書かれていました。

    ホット ホットな会話でした。