朝来市社協からのお知らせ

2012/03/08  

朝来市地域ミニデイ連絡会 開催!

LINEで送る
Pocket

3月6日(火)にあさごささゆりホールにて「朝来市地域ミニデイ連絡会」を開催しました

これは市内のミニデイ運営者を対象として毎年開催しているもので、今回は過去最高の35グループ・82名の方にご参加いただきました

レクリエーション道具の紹介コーナーでは「漢字博士」「文字博士」「あいうえおカード」というカードゲームをご紹介

派手で比較的大きなレクリエーション道具が好まれることが多いですが、意外なカードゲームの紹介ともあって

参加者の方は不思議そうな表情をされていましたが、職員から説明を受けて いざチャレンジしてみると・・・

これが爆笑の嵐!「どこで借りれるの」「どこで売ってるの」と職員は質問攻めにあっていました

気になる方はぜひ社協に問い合わせてみてください

↑ ↑  漢字博士…へん と つくり を組み合わせ漢字をつくります

↑ ↑ あいうえおカード…神経衰弱のように2枚とり、言葉を作ります

 

メインの情報交換会ではグループで下記の5つのお題から話合いたい内容のお題を一つチョイス。

?ミニデイの内容がネタ切れ。どうすればいい?

?女性が多いミニデイ。男性が参加するためには?

?ミニデイを運営するスタッフの後継者がいない。どうすればいい?

?みんなにミニデイに来てほしい。どうすればいい?

?地域の人にはミニデイを知ってもらっている?

ミニデイ運営者にとってほとんどのお題が困っている状況ということもあり情報交換はヒートアップ。

最後には各班の発表者より話合った内容について報告がありました。

 

お題になっている困りごとの対策としてはこれといった決定的な答えはありません。また、社協職員も知りません。

なぜならミニデイはその地域だけの固有の地域内の支え合い活動であり、誰かから与えられるものではなく、

自分たちで作っていくものだからです。この連絡会で同じ志を持ったミニデイ運営者が情報交換することで色々な

対策や方法を知り、刺激となることが困っている状況を打破する糸口になればと思っています。

 

最後には社協の高齢者施設職員からミニデイで使えそうな体操をレッスンみなさん明日からでも即実践いただけそうです

  

 

地域ミニデイは対象者への支援だけが目的ではありません。そこに地域の色んな方が参画・協力などで携わり、

地域そのものが福祉を考えていく福祉教育の場としても期待されています

そこから展開される地域福祉活動は地域に根付いたものなるのではないでしょうか

今後も社協は 引き続き 地域ミニデイを支援していきたいと思っております