朝来市社協からのお知らせ


高齢者施設一体改革に向けて ~タスクサポーター~

LINEで送る
Pocket

本会の高齢者施設6施設では、相互の施設間でのフォロー・支え合いを目的にどの施設からも応援可能な支援体制を行っています。
しかし、法人内の同じ高齢者施設といえども、業務の内容に少しずつ違いが感じられます。

その違和感を無くし、誰もが同じように業務に取り組めるよう現在、高齢者施設の一体改革を進めています。この一環として応援に出向く職員、名付けて「タスクサポーター」(緊急的な問題・課題に気づき報告する職員)と位置づけ
①(応援に行き)違和感を受けたこと
    ②自施設とは違うなと感じたこと
        ③ここは改善できる
と思ったことは直接、事務局長まで報告することとなりました。
このタスクサポーターは、一体改革を進めるうえで重要な役割を担っていただく職員として単に応援ではなく
・どうすれば良くなるか
・どうしたら出来るのか など「気づき力」を生かして。この改革を進める職員として位置づけ、取り組んで参ります!