朝来市社協からのお知らせ


2013/03/16  

『この取組みで一致団結した!』 支え合い体制づくり事業 朝来・佐中地区の取組み

LINEで送る
Pocket

地域支え合い体制づくり事業のモデル地区として昨年度から関わりのある朝来の佐中区の取組みについてについてご紹介

いたします。

この佐中地区の一番の問題は「交通の便の確保」。交通手段の確保をどうしていくか?この「交通の便の確保」も含め、地域が持続・

継続するためにどのような取り組みを行なえばいいか。社協が支援する中で考え出されたひとつの形として、地域内での

「支え合い・助け合い」活動を支える財源として「基金」を創りだしていこうというものでした。

その「基金」のもとになる財源は?

佐中区民の皆さんが「このために何か始めないといけない」と思われたプランの1つが「蕗(ふき)づくり」でした。

早速、老人クラブの会長さんなどが蕗を実際、栽培され販売されている農家を見に行かれ「挑戦してみよう!」

という こととなり、休耕田を活用し、平成25年の春の収穫を目指し栽培をスタートされました

 耕うん、蕗の種取りの様子です。

 

順調に栽培されていましたが、思わぬ強敵「雑草」が行く手を阻みました…。 

一面に雑草が…(ところどころに見えるのが蕗です)

しかし、現在、佐中区の方々この「雑草」に負けず何とか栽培を成功させようと『再挑戦』

雑草を鋤きこみ、蕗の植え直しをされている様子です。

収穫は少し遅くなると思いますが、地域内での「支え合い・助け合い」活動を支える財源づくりにと

再度、チャレンジ!

この蕗の他にも大根や白菜、水菜なども作られ、これらについては少しですが市内学校給食センターへ出荷されました。

小額ですが「基金」の一部となりました。一般的に限界集落と呼ばれる高齢化率が50%を超える佐中区ですが、まだまだ

皆さん現役!

今後、「どのような取組みが可能なのか?」非常に夢が膨らむところであり、社協もその「夢」の実現に向け、応援させていただき

たいと思っています。

佐中区の取組みについては、今後、随時お伝えいたしますのでご声援よろしくお願いします。

佐中区が紹介されている

ホームページ 『さなかの森』もぜひ、ご覧ください!(佐中区の方が作られています)

  http://sasayuri-net.jp/users/green_forest/index.html