朝来市社協からのお知らせ

話し合いの第一歩

LINEで送る
Pocket

11月に開催された地域合同意見交換会では、朝来市全域で126名もの方に参加いただき、複数の方が地域の問題や課題について意識や気にされていることが解りました。

下記のグラフは、『参加者は今回のような横断的な集まりについてどう思われたか?』というアンケート集計結果です。

「前向きにできる事を探る事は大変大事な事だと思う。問題ばかりが出てきて解決できなくても、重要な事だと思う。(話し合う事が)」という意見あり。

今後は社協では精力的にこのような横断的な会議開催を進めて行こうと考えていますが、そこで皆さんにより親しめ、より身近に感じて頂きたく今後このような意見交換会を『わが町井戸端会議』と名づけ、市内に広がるといいなぁと思います。

『わが町井戸端会議』は、地域の井戸端(川端)会議ように浸透してほしいと思いいます 😀