朝来市社協からのお知らせ

地域は地域流!「地域の支え合い・助け合い」活動より


本日、発行しました『社協だより あさご』(社協広報第70号)では「地域での身近なお困りごと」をテーマに高齢者世帯などを中心に地域でのお困りごとに対し、その解決に向けた取り組みの5つの『夢プラン』を提案しています!
紙面でこの特集の記事を作成にあたり「地域で行われている支え合い・助け合い」活動について
で一部ご紹介しています3地区の取り組みについて、それぞれ地域の方にお話をお聞きしました!広報紙で掲載しきれなかった内容もあります。ぜひ、ご覧ください(^◇^)

・山口・立野区 「憩いの場 ひなた」の取り組み 集いの場を有効活用!
 高齢者の食の確保が課題であるこの地区において月2回開催されるミニデイ「ひなた」に合わせ共同購入の場として移動販売の行商を呼ばれています。またこの機会を利用し世話役の方が希望商品を取りまとめられ代金を預かり町内のスーパーへ。買い物代行をされ、購入、代金を精算。購入された商品などは参加者の送迎とともに配達をされています。ミニデイへの参加とともに地域の集まりの場を有効活用されながら地域の課題解決に向けた取り組みです。

  p4-1464-%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0p4-1498-%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1 p4-1509-%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2

➀ミニデイで商品の取りまとめ⇒②いざ、スーパーへ⇒③商品渡し、代金精算

 %e3%81%b2%e3%81%aa%e3%81%9f%e6%9d%be%e6%9c%ac%e7%94%b1%e5%ad%90%e3%81%95%e3%82%93%e2%91%a1

「憩いの場 ひなた」  立野ボランティアグループ
代表 松本 由子 さん

・大蔵・宮内区の取り組み 何気ない普段の取り組みから
朝、ミニデイの世話役の方がウォーキングの途中に農作業などで外に出られている方などに安否確認や「困りごと」など意識し声掛けをされています。数年前より子どもの夏休みに合わせ地域ぐるみで「ラジオ体操」をされています。地域内での世代間のコミュニケーションや、地域のつながりを大切にされている宮内区。ラジオ体操など普段の何気ない取り組みなどから発展し「敬老の日」には区内の高齢者を対象に子どもさんが書かれたお手紙とともにお祝い品を届けられるようになりました。次は地域内で老人会でも若い世代を中心とした「お助けグループ」を結成し、地域での「困りごと」を解決したり、公民館の前でミニデイとは別に「オープンカフェ」や子供文庫を開き、世代関係なくどんな方でも気軽に寄れる場を作りたいと話されていました。

p4-c1-%e6%95%ac%e8%80%81%e3%81%ae%e6%97%a5%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0 p4-c2-%e6%95%ac%e8%80%81%e3%81%ae%e6%97%a5%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1
「敬老の日」お手紙と品物を添え、高齢者へ届けられている様子

%e5%ae%ae%e5%86%85%e3%80%80%e5%8f%a4%e6%be%a4%e2%9e%80

ミニデイ「ミニミニサロンみやうち」
代表の古澤宏三さん

・山口・佐中区の取り組み 「頑張れるところまで頑張るわ~」
世帯数12戸。高齢化率も50%を行き来する佐中区。昔ながらの助け合い・支え合いが当然のこととして行われてきたこの地域。月2回のミニデイや老人会の活動を中心に普段からの声掛けや安否確認をし顔の見える関係性を築かれています。何かあれば助け合いながらお互いに支え合ってこられました。一番困っているのは、山間地帯であるがゆえの「交通の便」の問題。週に1回のアコバスが頼り。「今は車に乗られるが…何年後かはどうやろ…でも、頑張れるところまで頑張るわ~」と話されていました。「交通の便」「移動手段」を始めとする地域の課題や問題に対して基金を創り、その財源をもとに解決していく手段として「蕗(ふき)づくり」を行われるようになりました。最初は試行錯誤されながらも今では少しずつ収益が上がってきています。この蕗づくりの取り組みから一段と地域の絆が深まったと話されていたことが印象的でした。

007
収穫された蕗(ふき)の仕分け作業の様子

%e4%bd%90%e4%b8%ad%e3%81%84%e3%81%8d%e3%81%84%e3%81%8d%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%96%e2%9e%80
左から小倉良雄さん、佐中老人クラブ会長 松田 貢さん、ミニデイ「佐中地区いきいきクラブ」の代表 清瀬妙兮さん
 

今回ご紹介した3つの地域。それぞれが特色を活かした「地域流」で地域づくりを進められています。今後の取り組みが楽しみですね。広報第70号(11/4発行)では5つの『夢プラン』を提案し、「このプランいいなぁ~」と思われる取り組みに投票して頂く応募ハガキを記載しています(^^♪広報をご覧頂き、ぜひ今回の企画にご参加下さい。ご応募お待ちしていま~す!