朝来市社協からのお知らせ


『法人の経営戦略について』  管理職と中間管理職の合同セクション会議

LINEで送る
Pocket

平成28年度  折り返しの10月24日(月)に第Ⅲ四半期合同セクション会議を開催しました。毎月1回、各部署の管理職で構成する「セクション会議」に加え、この会議は4半期に一度は各施設長や係長も出席する中間管理職合同会議。法人の目標や取り組みについて共通理解を図り、事業の質の向上や円滑な事業推進を目的として行っています。この日の協議・研修(テーマ)は法人の経営戦略について』

dsc07236

冒頭、戸田会長より緊張感を持ち業務に努めること、また「今後の社協の在り方」について挨拶を頂きセクション会議がスタート!

dsc07232

事務局長をはじめ各担当管理職より「法人が進めている経営戦略」について
進捗状況や今後の展開について説明がありました。
➀組織機構の改革(拠点の移転)
②障がい者「複合型多機能施設」計画
③介護保険制度改正と通所サービス改革
④配食サービスの進化形と食の確保への挑戦
⑤総合事業(介護保険)と生活支援コーディネーター
⑥地域ミニデイの進化形とふれあい講師の進化形…
続いて直面する課題として
❶『看護職の絶対数の確保』
❷『小学校域の「地区社協」及び地区社協域内の問題について協議・調整を行う「社協委員」また「地域支援員」「地域センター職員」の役割、今後、設置が予測される
  「生活支援コーディネーター」』。
この直面する❷番目を協議・研修テーマとして、これらの資源を、これからの地域福祉を進めるためにどのように機能させるか?各グループに分かれディスカッションが行われました!

dsc07240

dsc07242

「どんなイメージなんやろ?」職員も近未来の地域福祉をイメージするのに四苦八苦(>_<)

事務局長より一連の資源についての整理があり各グループより発表しました!

dsc07246 dsc07248

dsc07250dsc07253

『まさに道がない、レールがない中でのこれからの地域福祉』
地域の皆さんとともに共に進んでいきたいと思います。

この合同会議の次回の予定は来年の1月です。どんな戦略が出てくるのか?今から楽しみです(^^♪