朝来市社協からのお知らせ

あなたならどう組み立てる?生活支援コーディネーター


今年度最後の市合同生活支援コーディネーター会議があり、総括と次年度どう動いていくかを話し合いました。

ホワイトボードにいっぱいに書かれた総括を見て、コロナの時期の活動をしみじみと振り返る事ができました。

 

 

 

そして、誰もが住み慣れた地域で自分らしい暮らしが続けていくことができるよう地域の包括的な支援の構築を目的とされた『地域包括ケアシステム』について、個々に考えてみました。

たくさんの意見がある中で一部をご紹介します。
・中枢会議体に意見を上げることも大事だが、そこからリターンすることも大事。誰がどのように進めて行くか、具体的に考える仕組みを作らないと前には進みにくいかも。
・もっと横のつながりを作れたら一致団結して進めていけるように思う。同じように地域課題を考えるのであればまとめて「わが町井戸端会議」としてはどうでしょうか。
・その知識のある者だけで専門的な見解を話し合おうとするより、その知識のない者にも意見を求めることで、自由な発想の意見がたくさん出ることがわかった。

市と情報共有し、色々なことを考えながら、より暮らしやすい地域づくりを進めていきます!!