朝来市社協からのお知らせ

薬の飲み忘れ傾向のBさんにカレンダー作戦!


 

不安や困ったことがあると社協に来られる一人暮らしのBさんは、

身の回りの事はご自身でされ、車で買い物にも行かれています。

 

ある日、かかりつけの病院から服薬についての相談があり、

自宅を訪問すると薬が日付通り飲めておらず

薬の残数も合わないことが分かりました。

 

社協内部で支援方法を話し合い、服薬カレンダーを使って

事態の改善を図ろうと調整しました。

 

・当初の予定

病院で処方箋をもらう    →     薬局に処方箋と服薬カレンダーを持って行く

→     薬剤師によって服薬カレンダーに薬をセットしてもらう      

→     自宅へ持ち帰る

 

・様々な検討の結果

病院で処方箋をもらう     →     薬局で薬をもらう   

 →     自宅で服薬カレンダーに薬を自力で入れていただく

 

さっそくBさんに提案をしてみるとカレンダーには興味を持たれたものの                 

「今はまだ大丈夫」との返事でした。

後日別の職員からもう一度話をさせていただくと

「使ってみようか」と返事をいただきました。                                                                       

そして次の受診予約日に職員と共に服薬カレンダーを購入し、

予定通り自宅で処方された薬を服薬カレンダーに

ご自身でセットしていただくことができました。

 

 

5日後

訪問させていただくと、5日分の薬は無くなって

服薬出来ていることが確認できました。

その1週間後にもお薬が飲み残しなく服薬出来ていることを確認し、

Bさんも服薬カレンダーについて

「日にちが書いてあるから分かりやすい」と言われています。

 

カレンダー作戦大成功!というにはまだ早いかもしれませんが、

今後も支援を継続していきたいと思います。