朝来市社協からのお知らせ

和田山高校の皆さんから温かい贈り物(配食サービス小物プレゼント)


10月、社協の配食サービス利用者お一人お一人に和田山高校(総合的な探究の時間の人間科学・教育学の授業)の皆さんが心を込めて作られた“マカロンポーチ”を配布させていただきました。

この取り組みは初夏の頃に社協が和田山高校の先生に相談をさせていただくところからスタートし、少しづつ和田山高校と社協でそれぞれ準備を進めてきました。

企画の主旨に沿った中で、生徒さん達自らがどんなプレゼントが良いのかを話し合い、悩んだ末に“マカロンポーチ”に決定されました。(他にもこんなのはどうですか?と素敵な小物の提案もお聞きしました。)

夏休み明けの9月上旬にはいよいよ本格始動。まずは材料の買い出しということで、貴重な放課後の時間を使って「あれがいいんちゃ?」「やっぱりこれやろ!」と相談しながら買っていただきました。

お店での買い物の様子

それからは授業や放課後を利用してひたすら作っていただきました。社協からお願いしていた期日もあり、生徒さんはもちろんのこと、先生も一緒になって頑張っていただきました。

学校で作業中の様子

10月に入り、いよいよ生徒さんから完成品をお受け取りすることになりました。一つ一つ丁寧に作られたマカロンポーチと、一言メッセージを可愛くラッピングされていました。

材料を買うところから頑張ってくれたお二人から受け取りました。ありがとうございます!

一つ一つがデザインや色が違い、見るだけでも楽しくなります。

生徒さんからは、「作るのは大変だったけど、完成した時は達成感がありました」「大切に使ってもらえたらうれしいです」と感想をいただきました。

ここからは社協の出番。配食サービスのお弁当の配達のタイミングで各利用者にお渡ししました。

 

「いつも見えるところに置かせてもらいます」 「私は可愛いのがすきだから、こんなのがうれしかったです」「若い人たちが作ってくれたのでうれしいです」

と皆さんには大好評!とても嬉しく思いました。

生徒のみなさんにもこのブログを見ていただき、利用者のお声を届けることが出来ればと思います。ご協力いただいた和田山高校の生徒の皆様、そして先生方、この度はご協力ありがとうございました!